かなろぐ

小さな幸せを大切に、毎日をすごしていきたいな♡

「会食恐怖症」との出会い と 伝えたい大事なこと

f:id:taberu_happy:20191206183649j:plain


会食恐怖症を知ったのは・・・

この名前を知ったのは今年、2019年になってからです。

日本会食恐怖症克服支援協会 山口健太さんの著書が出たこと、

テレビで話題となったり、新聞記事を見たことがきっかけでした。

 

「人とご飯を食べることに恐怖を感じる」という症状が、

名前のついている“疾患”であることを知りました。

 

発症のきっかけや、症状は人それぞれ。

 

わたし自身「食べることが苦手」なこともあり、

“食に悩む”という共通点から、何かを新たに知ることが出来るかもしれない。

そう思い、会食恐怖症について学ぶことにしました。

 

発信者である山口さんから学び、

会食恐怖症克服支援カウンセラー2級を持っています。

そして、11月に東京でカウンセラー1級の講座を受講しました。

 

 学んだこと、仲間が出来たことはわたしにとって大きな財産になりました。

 

 

『会食恐怖症は克服できる』

 

わたしには、まだ“食に対する不自由さ”があります。

なので、克服者としての発信は今はできません。

 

ですが、学びや考え方の変化により、 

少なくとも、現在、

会食に対する“恐怖”は、ほとんど感じなくなりました(^^)

 

克服できた!を、どの状態と意識するか?は人それぞれだと思います。

 

それぞれの『克服』が叶いますように。

外食や、人と食事をすることが、楽しい!おいしい!と思える時が来ますように♡

 

  • わたしが学んできたこと
  • 当事者としての経験
  • 出会った人たちとの関わり
を、気づきも含めて書いていく予定です。

 

  • 会食恐怖症に悩む方の症状改善の役に立つヒントになれば
  • 何か変化のきっかけになれば

そんな思いで綴っていきます。

 

 

正しい情報が伝わるように・・・

 

また、当事者の方だけでなく、

  • 自分も会食に苦手意識があったけどあてはまるだろうか?
  • 周囲に会食恐怖症の方がいる
  • 会食恐怖症って言葉は聞いたことがあるけれど実際どんなこと?

と目にとめて下さっている方にも、

正しい情報が広まって欲しいと思っています。

 

 

出会いと、わたしの変化と、今後。

 

わたしには別疾患があるので、

正直なところ「何をもって克服と言うのか」は、まだ模索中です。

(わたしの疾患については、また別記事にする予定です)

 

ですが、「会食恐怖症」の言葉を知り、

山口さんと出会い、学び、

当事者の方たちや、仲間と出会えたことは、

わたしの考え方や生き方を大きく変える大切なきっかけとなっています。

 

 

 

「会食恐怖症」を知って

 

会食恐怖症の名を知った手段として、

わたしのように流れてきた情報を目にして知った人、

症状に困っていて調べてたどり着いた人、

いろんな人がいると思います。

 

  • この症状に名前(疾患の一つ)があり、自分だけじゃないと知り、一人で抱えていた辛さが少し減った人
  • 病気なんだ・・・と落ち込んでいる人
  • 克服できることなら、治るんだと考えている人

知ったことで、気持ちが変わった人もいると思います。

 

前向きに変わった人、ショックを受けている人、どうしたら克服できるのか考えている人・・・どんな人にも伝えたいことがあります。

 

 

あなたは一人じゃありません!

 

症状や理由は違っても、

「食事に悩んでいる」「この辛さを軽減したい、克服したい」

そう思っている仲間がいます。

 

経験したから、今も当事者だから、一緒に改善方法を考えたい人がいます。

 

わたしも、一緒に学んだカウンセラー仲間も、

全国の当事者さんも、当事者のサポーターさんも、みんな一緒です(^^)

 

“ひとりじゃない” “仲間がいる”

それを知っていて欲しいと思います。

 

誰もいない、ひとりだと思っていた時、

わたしは仲間が欲しかった。

 

仲間って、すごく大事だと、実際に出会う事ができて改めて実感しました(^ ^)

 

❇︎相談できる人がいない

❇︎共感できる人が欲しい

そんな人たちの出会いを広げていきたいです!

 

 

LINEで個別相談受け付けています☆ → https://lin.ee/ycEiX8a

 

お読みいただきありがとうございました(^O^)