かなろぐ

小さな幸せを大切に、毎日をすごしていきたいな♡

あなたはどのタイプ?

 

f:id:taberu_happy:20191206183742j:plain

 

 

会食恐怖症の症状の出方や程度は人それぞれですが、大きく分けると3つのタイプに分類されます。あなたはどのタイプに当てはまるでしょう?

 

1、周りに合わせなきゃタイプ

「残さず食べなきゃ」「周りのペースに合わせなきゃ」など、周りに合わせて食事をしなければならないと感じて、そのプレッシャーでより症状が出やすくなる、出てしまうタイプです。

 

(※〇〇しなければならない=べき思考と言われたりします。

 これに関しては次回の記事で書いていこうと思います。)

 

 

2、気持ち悪くなったらどうしようタイプ

「お腹いっぱい食べたら気持ち悪くなるかもしれない」「みんなの前で吐いたらどうしよう」など、気持ち悪くなることに恐怖を感じているタイプです。

 

この症状が強いタイプの方は「嘔吐恐怖症」と言えるでしょう。

嘔吐恐怖症は、気持ち悪くなることや吐くことに対して、健全ではないレベルでの不安が襲い、日常生活に支障が出ている方が該当します。

 

 

3、周りの人に見られるのが嫌タイプ

他人の視線が気になったり、症状として「震え」や「食べ方」が気になるなど、周りの人に見られるのが嫌だと感じるタイプです。

 

 

さて、あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか?

どれか1つ「これだ!」というタイプがある方もいれば、混合タイプの方もいると思います。どのタイプに当てはまるか、自分の“症状”や“不安になる状況”から考えてみて下さいね。

 

 

ちなみにわたしは、1が強め3が少しある混合のタイプと自己解釈しています。

 

タイプが分かるだけで、『何を意識していけば克服に近づくか』が見えてくるので、ぜひ、自分はどれに当てはまるか?まずは自己分析をしてみて下さい。

 

それによって対処法やアドバイスもより適切なものをお伝えすることができます(^^)

 

 

個別のご相談はLINEで受け付けています→ http://lin.ee/ycEix8a

 

 

次回は、

『正しい手順で会食の練習をすること』とそのために大切な考え方

について書く予定でいます。

いよいよ、会食の練習についてのお話をしていくことになります☆

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました(^^)