かなろぐ

小さな幸せを大切に、毎日をすごしていきたいな♡

感情を大事にしよう☆

f:id:taberu_happy:20191206183600j:plain

こんにちは。お久しぶりの更新になります。

 

LINEにて、

  • 自分を好きになれない
  • 自分はまだまだ足りないと思ってしまう
  • 完璧主義
  • 自分がやりたいことをやるのが「悪い」と思ってしまう
  • 発言や行動に自身が持てない

といったご相談を受けることが少なくありません。

 

わたしもそうでしたし、未だに上記のような思いが抜け切らない面があります。

誰かが悩んでいるということは、他にも悩んでいる人がいる。

 

ということで、今回は、

上記のようなお悩みの方、お疲れでヘトヘトの方、人の言動に左右された生活が習慣になっている方に、

ちょっとご自分を振り返り、気持ちを大事にすることがなぜ大事なのかをお伝えしていきたいと思います。

 

そして後半では、最近読んでいる本や、分かりやすいと思った本などの情報も書いていきます。

 

 

それでは本題へ(^^)

 

「思考優先」は苦しい・・・

 

ひとには誰でも、「思考のクセ」があります。

プラスの方向に働く(影響する)クセもありますが、マイナスの方向に働くクセも存在します。

 

頑張りすぎてしまう方、ちょっと注意です!

  • べき思考(こうでなければ!の思考が強い人)
  • 完璧主義

 これらに当てはまる方は感情を抑えて、

「思考」優先または「思考」のみで生活しているかもしれません。

 

べき思考、完璧主義は・・・

〇か×か、0か100か、白か黒か、など二択になりがちです。

ハッキリとした判断が必要な場面では有効な考え方ですが、

日常生活すべてにおいて、二択の思考が及ぶと「感情」がどんどん疎かになっていきます。

 

 

感情を大事にしよう☆

 

ここでなぜ、「感情」の大切さをお伝えするか・・・

それは、『思考ばかりで生きていると、自分の感情を抑える事になる』という危険があるからです。

 

  • 我慢、我慢、我慢
  • いつも自分はまだ足りないと思う
  • もっと頑張れと自分に無理を強いる

 これらは、自分の大事な感情に蓋をしたり、見て見ぬふりをしたり、本当は気づいているのに無視をしている状態です。

 

どんどん自分を責めて、否定して、感情に蓋をしたら・・・

  • 自分の感情に鈍くなる
  • 無感情になっていく

という沼にハマっていきます。

 

 

なぜ、「感情」を大事にして欲しいと思っているか?

それはかつてのわたしだから・・・

  • 否定され
  • 成果を求められ
  • 要求は果てしない
  • できて当たり前
  • みんな出来る

そんな職場に身を置いていました。

どんどん自分の心身が蝕まれているとも気づかずに・・・

 

そして、気づいた時には失感情

ひどい時は、顔の表情は変わらない、何も感じなかった。

何がしたいとか何も無かった。まさに無。

  • 選ぶことが出来ない
  • 飲み物も買えない
  • 食べ物も選べない
  • 服も買えない

なので、「買い物ができません、選べません」と、

何気なくボソボソと話した時、主治医がカルテにペンを走らせた🖋

 

その時はその光景をボーッと眺めて、

それって大事なポイントなのかな…なんて人事のように思っていました。

 

なぜ主治医が、その当時のわたしの状況をカルテに書いたのか?

今なら分かります。

 

 

感情が無くなるって危険!

 

感情に左右され過ぎるのもあまりよいとは言えませんが、感情が無くなることは危険なことです。

 

健全からはほど遠く、「自分を大事にする」逆の方向に向かってしまうから。

 

感情は二択ではなく、細かいメモリで出来ている

 二択で決められないこと、多くありませんか?

迷う時もそうです。

どっちがいいかな~こっちもいいけど、あっちもいいな。

どっちがマシかな。

こっち寄りの気分だな、何だかちょっと違うんだよね・・・など

 

そんな小さな、繊細な心の動きを大事にして欲しいのです。

 

 

喜ぶってくすぐったいけれど、

幸せを感じる大事なキモチ。感じにくい時もあるけれど大事にしたいもの。

 

怒るって気分はよくないしなるべく避けたい感情だったり疲れたりするけど、

怒る理由がある!そこに気付けたら、対処出来たら、その後は少し楽になれる。

 

哀しむって切ないけれど、

辛さに気付ける大事な感情。辛かったね、よく頑張ったね、と労い休むための大事な気付きになる。

 

楽しむって幸せにつながる☆

余裕がない、切り替えられない、気になることが頭から離れない。そんな時は楽しむが出来ない。

楽しいは幸せの素だから楽しいは大事に、気持ちに正直に素直に楽しもう!

 

自分の感情を大事にすること、

感情の変化や、なぜそう感じるのか?って、すごくすごく大事なこと。

 

あなたの大事なもの、消さないで!!

どうか大切に…

 

感情があるから、心を健康に生きられる

 

自分の気持ちに寄り添ってみてくださいね。

 

気持ちに素直に、正直にいられることは、心の健康に良い影響をもたらします。

メンタル不調を少なく過ごすために、諸症状の出方を減らすためにも有効です。

日常生活において、心が落ち着いた状態でいられると、不調や症状は出にくくなります!気持ちを大事にすることも心の安定に重要なポイントです(^^)

 

ということで、

  • 自分の感情を大事にする
  • 人の言動に振り回されたり、優先してばかりでなく、自分の気持ちを考えてみる

これをおススメしたいです。

 

 

※番外編 わたしが読んでいる本について

・ 石原加受子(著) 『もうイヤだ!疲れた、全部投げ出したい! 心のSOSが聞こえたら読む本』 永岡書店、2018年

→タイトルがなかなか衝撃的なこの本、このタイトルを見て手に取るくらい、当時の私は投げ出したいことがあって疲れていたんだなぁと思います笑

 ①自分の感情を大切にする重要性 ②理由と感情パターン が載っていて、イラストもついているので読みやすいと思います。さらにアサーション(お互いに気持ちよく対話する方法)にも触れているので、日常生活にも応用できそうです。

 

・岸見一郎、古賀文健(著) 『嫌われる勇気』 ダイヤモンド社、2013年

→こちらは“アドラー心理学”で有名なベストセラー本ですね。今も書店で平積みになっています。購入したのも読んだのも数年前ですが、現在、改めて読み返しています。その時の自分の状況によって刺さるフレーズは違うなぁと、今回も気づきが沢山で勉強になっている本です。

 

山口健太(著) 『会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと』 内外出版社、2018年

→こちらは、説明不要かもしれません。お持ちの方も多いと思います。おススメです☆

 

他にも現在進行形で読んでいる本や、スタンバイしている本があります。

また、おススメしたいものがあったらご紹介しますね。

 

〇〇系の本が気になるなどジャンルでご希望があればご相談ください。

可能な範囲でお伝えできるものはシェアしていきたいと思っています(^^)

 

 

今回も長文になりました。お読みいただきありがとうございます。

 

個別相談LINE→ https://lin.ee/ycEiX8a

 

 

 

次回のテーマは、まだ考え中です。

(下書き中の記事はありますが、公開順は未定です)

 

それではまた、お会いしましょう!(^^)!